小規模メガネ店応援サイト  


 「メガネ技術学ぶ会」はメガネ及び視力測定に関わる人たちの技術力の向上と、小規模メガネ店の競争力強化のためのマーケティングについての情報をお届けします。

 

両眼視機能の検査やメガネ店に必要な眼科学を勉強してみたい・・・・・。

当会は、小規模メガネ店(売り上げ規模が、月間200万前後まで)を対象に、マーケティングや、眼鏡眼科学の知識及び検眼技術の向上を測るための勉強会です。

市場競争の中で、その渦に飲み込まれないよう、スキルアップをしていただくお手伝いをします。

 

お申込みいただけるのは、少しでもステップアップしてみたい、現状にとどまりたくないとお考えの小規模メガネ店さん及び検眼技術や知識を身につけたいとお考えのメガネ店及び眼科で検査をしておられる個人の方も対象です。

 当学ぶ会は、H14年に「オプティカル マーケティング実践会」として、14店舗で、集客から顧客の固定化、フアン化作り―それに伴うマーケティングの展開を行っていた会が前身です。しばらく休止をしていましたが、小売店の格差がますます大きくなりつつある小規模なメガネ店を応援するため、再度名称を変え、発足させました。

  前回はマーケテイングに特化した会でしたが、今回は、検眼技術の向上と、目の知識を深めてもらう項目を、新たに設けました。

 なぜなら、資格の問題も言われていますし、やはりメガネ店ですから、お店にメガネ技術の裏付けが欠かせないからです。また、検眼を覚えたいと思われる多くの個人の方にも参加して頂きたいからです。

 更に、ご希望のお店だけにですが、共同仕入れグループを紹介させていただいていることです。